体を温めれば病気知らず|今すぐ欲しいプラセンタサプリ|ランキングで厳選しましょう

今すぐ欲しいプラセンタサプリ|ランキングで厳選しましょう

婦人

体を温めれば病気知らず

寒がる女の人

冷えは万病の元

冷え性は「万病の元」と言われ、体が冷えると内臓や細胞の代謝が悪くなり、血液の流れが悪くなります。その結果、体内の機能が低下して、様々な病気にかかりやすくなってしまうのです。それに対し、体を温めて冷え症を改善する事で血行が促進され、体中に栄養や酸素が行き届き、老廃物が流れて行きます。それにより内臓や細胞が正常に機能し、免疫機能が働くため、風邪などのウイルスにかかりにくくなるだけでなく、様々な病気の予防や改善につながるのです。一般的に、人間の体は36℃後半から37℃台の体温で機能的に働くとされていますが、最近は35℃から36℃台前半の人が多いと言われています。たった1℃体温を上げる事で病気にかかりにくい体に変える事が出来る為、冷え症改善はとてもメリットが大きいのです。

生活習慣を見直す事が大事

冷え症を改善する事は簡単ではないと思われるかもしれませんが、普段の生活習慣を少し見直すだけでとても効果があるのです。まずは、食生活です。体を冷やす食べ物や、冷たい飲み物ばかり摂っていれば、体は冷えてしまいます。そこで、体を冷やす食べ物(主に夏が旬で、温かい地域で採れる物)を控えめにして、体を温める食べ物(主に冬が旬で、寒い地域で採れる物)を多く食べるようにしたり、冷たい飲み物を控えめにして、常温またはホットの飲み物を飲むようにする事でも効果が期待出来ます。そして大事なのは運動です。といっても、激しいスポーツをする必要はありません。血行を良くするにはウォーキングなどの有酸素運動が効果的だと言われています。駅までの道を少し遠回りしたり、休日は散歩に出かけるなどのちょっとした来る工夫で、冷え症改善に効果が期待出のです。